So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

<硫化水素自殺>中3男子 「いじめから友救えず」と遺書 川崎(毎日新聞)

 川崎市教委は9日、同市麻生区に住む市立中学3年の男子生徒(14)が、7日に自宅で心肺停止状態で見つかり、死亡したと発表した。神奈川県警麻生署は残された遺書などから、いじめられた友人を助けられないことを苦に硫化水素を使って自殺したとみている。

 同署によると、7日午後4時50分ごろ、生徒が自宅トイレであおむけに倒れているのを帰宅した母親(44)が見つけ119番した。約1時間後、搬送先の病院で薬物中毒による死亡が確認された。

 トイレには硫化水素を発生させたとみられる薬剤などの空容器とバケツがあった。

 トイレにあったA4判の遺書には、いじめを受けたという友人の名前があり「救えなかった」と悩んだ様子のほか「ごめんなさい」「14年間生きて楽しかった」などと書かれていたという。【川端智子】

【関連ニュース
自殺:「いじめられた友を救えず」と中3男子 川崎市で
硫化水素自殺:中3男子、遺書に「いじめから友救えず」−−川崎
子どもたちの伝言:うずしおの地から/107 いじめ対策 /四国
京都のいじめ転校訴訟:元同級生のいじめ認定 55万円支払い命令−−地裁 /京都
県いじめ防止推進大会:傍観者を仲裁者に 鳴門教育大の阪根准教授が講演 /岡山

「タクる」と無賃乗車繰り返す 「スリル感がたまらない」少年ら逮捕 警視庁(産経新聞)
介護型療養病床、方針通り廃止へ=期限は延長が有力―長妻厚労相(時事通信)
八街強殺放火で男起訴、15歳長女を家裁送致(読売新聞)
信金2職員が1億3千万円着服…不明金も2億円(読売新聞)
帆の展開、すべて成功=宇宙ヨット「イカロス」(時事通信)

歩道橋事故 元明石署幹部らの実刑確定へ 最高裁上告棄却 (産経新聞)

 兵庫県明石市の歩道橋で平成13年、花火大会の見物客が転倒して11人が死亡するなどした事故で、業務上過失致死傷罪に問われた元県警明石署地域官、金沢常夫(60)と元警備会社支社長、新田敬一郎(68)両被告の上告審で、最高裁第1小法廷(横田尤孝裁判長)は、両被告側の上告を棄却する決定をした。ともに禁固2年6月の実刑とした1、2審判決が確定する。決定は5月31日付。

 同小法廷は「雑踏事故の発生を容易に予想でき、未然に防ぐべき業務上の注意義務があった」と指摘。「事故はないと軽信し、注意義務を怠って措置を講じずに放置したことで、事故を発生させて多数の死傷者を出しており、業務上過失致死傷罪が成立する」との判断を示した。

 事故をめぐっては、神戸地検が不起訴としていた同署の元副署長(63)について、遺族の審査申し立てを受けた神戸検察審査会が起訴議決し、今年4月、同罪で全国で初めて強制起訴された。

【関連記事】
地検が指定弁護士の意見書依頼の費用認めず 明石歩道橋事故
明石歩道橋事故 元副署長に公判前整理手続き適用
強制起訴、有罪立証へ 明石歩道橋事故“急造検察官”困難な道
明石歩道橋事故 妻の墓前に報告「必ず結果出る」
明石歩道橋事故 元副署長を全国初の強制起訴
「はやぶさ」帰還へ

高選択的DPP−4阻害薬ネシーナの安全性に期待(医療介護CBニュース)
自民党 「消費税10%」 参院選マニフェストに明記(毎日新聞)
家畜伝染病予防費は「改善」=農水・財務両省が仕分け(時事通信)
口蹄疫問題 ブレ続けた「政治指導」にため息(産経新聞)
鳩山首相、引退へ 「次期衆院選に出馬せず」(産経新聞)

<南九州魅力発掘大賞>本紙「帰りたい 私だけのふるさと」(毎日新聞)

 運輸・観光関連企業で作る「南九州観光調査開発委員会」(委員長、唐池恒二JR九州社長)は、「第3回南九州魅力発掘大賞」の大賞に、09年の毎日新聞夕刊で掲載された「帰りたい 私だけのふるさと」を選んだ。表彰式は6月2日、東京で開かれる。

 同賞は熊本宮崎鹿児島3県の魅力を取り上げた新聞、テレビなどの作品から選考される。今回の応募は93作品。「帰りたい」は著名人がふるさとを振り返る企画で「読む人に行ってみたいと喚起させる」「人選が興味をそそる」などとされ、イラストやレイアウトも高く評価された。

 受賞対象となったのは「帰りたい」のうち、放送作家・小山薫堂氏(熊本県天草市)▽作家・田口ランディ氏(鹿児島県屋久島)▽絵本作家・葉祥明氏(熊本県阿蘇山)▽漫画家・江口寿史氏(同水俣市)の4回の記事。

【関連ニュース
ネコのあくび:ランディ
私の龍馬イラスト展 : 江口寿史、西原理恵子らが描き下ろし 長崎ハウステンボスで

女子高生にわいせつ 容疑の塗装工を逮捕(産経新聞)
<電気自動車など>電子音を出す車の体験会を開催 東京(毎日新聞)
<石綿>ヤンマー製コンバインの部品に含有 無償交換へ(毎日新聞)
名護市長に首相「抑止力の観点から協力を」(読売新聞)
寂光院 放火から10年 消防訓練で思い新た(毎日新聞)

学生動画流出で「やずや」謝罪 新卒採用で「敗者復活戦」(J-CASTニュース)

 「やずや」が新卒採用試験に落ちた学生を対象に、YouTube上に自己PR動画をアップさせ、中身次第で合格させる「敗者復活戦」を行った。関係者だけが閲覧できる設定にしなければならないのに、学生側の誤りによって一般公開され、顔・氏名・大学名などが流出し、同社は謝罪文を発表した。

 やずやは「やずやの千年ケフィア」などで知られる食品通販会社大手で、本社は福岡市。2010年2月から11年度新卒の採用選考を行っている。

■「やずやへの思い」「敗者復活してみせます」

 その中で、途中で落ちた学生を対象に、「再チャレンジ制度」としてYouTube上に自己PR動画を掲載させ、採用担当者が判断材料とする試みが行われた。動画は一部の指定したユーザーだけが閲覧できる状態に設定しなければいけないのだが、誤って一般公開してしまった学生がいたようだ。

 YouTubeには、4月26日現在もその動画のコピーが幾つかアップされている。福岡県の大学に通う女子大生の動画で、タイトルは「やずやへの思い」。「敗者復活してみせます」とし、「矢頭社長の話、考えにとても共感しました!」「やずやが第一志望です!」と、意気込みを伝えている。

 学校名や氏名が冒頭に大きく掲載され、顔もしっかりと映ってしまっている。24日未明ごろからネットで話題となり、2ちゃんねるには「これはかわいそうだろ」といった書き込みが寄せられた。また、動画が一般公開されてしまったのは女子大生のミスなのだが、「そもそもなんでyoutubeにアップせにゃならんのだろうな」とい疑問も出た。この点は、やずや志望者の中でもおかしいと思っていた人がいたようで、「みんなの就職活動日記」掲示板にも、「なぜ『直接会社に動画を送る』ではダメなのか」と書かれている。

■「学生への配慮が欠けていた」

 こうした反応を受け、同社は24日、社長名義で謝罪文を発表した。11年度卒の採用活動は例年以上に判断が難しく、面接担当者から、一部学生について「もう一歩何か強いアピールがあったら次の選考にすすんでもらいたい」という声が出ていた。本社が福岡にあるため、遠方の学生にわざわざ来社してもらわなくてもいいようにと、選考の場に「非公開という前提で」YouTubeを選んだ。殆どの学生がパソコンを使って就職活動を行っていることを踏まえ、十分にテストした上で判断したという。

 だが、一部学生の動画が誤って一般公開されてしまった。「使い慣れた社会人と、そうでない学生への配慮が欠けていたのが今回の一番の原因です」と説明している。「関係者の皆様にご迷惑おかけしたことを改めてお詫び申し上げます」と陳謝した。

 採用を担当した同社総務室によると、4月初旬から中旬にかけ「再チャレンジ制度」の案内を行い、十数名の応募があった。26日現在、一般公開されてしまったことが確認されているのはこの女子大生1人だけだという。現在も引き続き削除依頼を行っている。

  「傷付いているのはご本人ですので、ご本人、ご家族とお話しして、誠意を持って対応させていただいております」

と話している。


■関連記事
発売前の新型アイフォーン流出 ネット上で「中身」ばらされる : 2010/04/20
「アメブロ」芸能人ブログで情報流出 運営「舞台裏」も明らかに : 2010/01/03
秋葉原ソフト店から個人情報流出 アダルトゲームの購入歴も? : 2010/04/02
宇多田ヒカルの挑戦 「クックパッド」で手料理 : 2010/04/24
三国演義の最強武将はだれだ アクションフィギュアで競え : 2010/04/23

仕分け第2弾、住宅資金貸付など8事業「廃止」(読売新聞)
「今の会社に一生勤めたい」過去最高57・4%(読売新聞)
【GW】首都高が渋滞予想を公開(レスポンス)
「首相中心」に不安、「検討」ばかり…―厚労省と自立支援法訴訟団が初の定期協議(医療介護CBニュース)
略称一時は「ますぞえ新党」…代表の知名度頼り(読売新聞)

嫌な同僚の頭、金づちで殴る 警備員を逮捕(産経新聞)

 警備会社の同僚男性の頭を金づちで殴って殺害しようとしたとして、大阪府警東署は21日、殺人未遂容疑で、東大阪市衣摺(きずり)の警備員、伊香(いこう)正巳容疑者(43)を現行犯逮捕した。府警によると「普段からトラブルがあった。嫌なやつだと思っていた」と供述している。

 逮捕容疑は、21日午前0時40分ごろ、大阪市中央区今橋の路上で、同僚の左近章さん(44)の頭を金づちで殴り、殺害しようとしたとしている。左近さんは頭に重傷を負った。

 府警によると、伊香容疑者と左近さんは、20日深夜から計4人で電線の埋め込み工事の警備をしており、事件当時は休憩中だった。伊香容疑者は犯行後、自分で「同僚を金づちで殴った」と110番したという。

【関連記事】
横浜市職員を逮捕 妻に暴行、死なせた疑い
「泣きやまない…」長女を壁に投げ付けた父親逮捕 
交際めぐりトラブルに? 傷害容疑で海自隊員逮捕
会社員、ムカつく上司を金づちで殴る「死んでもかまわない」
金づちで警官殴る 殺人未遂容疑で男逮捕
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

コウノトリ 野生と放鳥のペアからひな 兵庫・豊岡の公園(毎日新聞)
民主の議連改革 「超党派」5割 主導権掌握(産経新聞)
<殺人未遂容疑>警官2人刺傷の男逮捕 長崎(毎日新聞)
首相、徳之島1万5千人集会は「一つの民意」(読売新聞)
「痴漢は絶対に許さない! 」=警視総監らがチラシ配布−東京・新宿駅で出陣式(時事通信)

純金や銀のミニチュアかぶと展示販売(産経新聞)

 端午の節句を前に、大阪・ミナミの貴金属店「GINZA TANAKA心斎橋店」で、純金や銀のミニチュアかぶとの展示販売が行われている。

 値段は銀製の数万円のものから、純金550グラムでできた約370万円のものまでさまざま。剣の形の前立てが特徴の楠木正成モデルが一番人気だという。

 昨年は「愛」の文字をかたどった前立ての直江兼続モデルも作られたが、人気は今ひとつで姿を消した。担当者は「愛よりも力強さが重視されるようです」。

<厚労省>うその人事情報で100万円受領 職員を処分(毎日新聞)
民主、参院愛媛に女性新人=小沢氏発表、社民は反発(時事通信)
白タク運転手ら7人逮捕=元仲間を監禁容疑−警視庁(時事通信)
30、40歳代引きこもり珍しくない 「高年齢化」にどう対応するのか(J-CASTニュース)
国の不適正会計、メールで情報提供を…総務省(読売新聞)

「起こるべくしておこった」石破氏、日米会談で普天間進展なし批判(産経新聞)

 自民党の石破茂政調会長は14日午前の記者会見で、鳩山由紀夫首相とオバマ米大統領との非公式会談で米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題が進展しなかったことについて「議論に値する案を示さない以上、起こるべくして起こったとしかいいようがない」と批判した。

 石破氏は「素人である政治家でなく、(軍事)運用に通用した者が議論に値する案を示さなければ意味がない。オバマ氏は日本の政治的パフォーマンスに時間を取っている余裕はないということだ」と指摘した。

【関連記事】
普天間問題 分散移設には欠陥がある
夕食の前座「普天間会談」 オバマ大統領は冷ややか
「トラスト・ミー」首相が自ら招いた対日不信
普天間問題 米政府、長期化覚悟で継続使用へ
普天間基地移設先には触れず 鳩山首相、理解が得られたと手応え強調
外国人地方参政権問題に一石

井上ひさしさん死去 作家、小説「吉里吉里人」 75歳(産経新聞)
元社保庁職員無罪に検察上告=機関紙配布の国家公務員法違反(時事通信)
東大で入学式、総長「変化に動揺せず活力に」(読売新聞)
水道管25トン盗まれる=45万円相当、資材置き場から−神戸市(時事通信)
安住氏、息子を父と呼び間違えちゃった 進次郎氏を「小泉純一郎君!」(スポーツ報知)

「現有11議席確保が党再建の証し」公明代表(読売新聞)

 公明党の山口代表は3日、さいたま市内で記者会見し、今夏の参院選に関し、「11議席をしっかり確保することが、昨年の衆院選で大きなダメージを受けた党の再建の証しになる」と述べ、改選11議席(選挙区3、比例選8)の確保を目標に掲げた。

 公約については、「5月中旬には、重要政策を提言したい」と語った。

 これに先立ち、同市内で行った街頭演説では、「今の連立政権に政権担当能力がないことがはっきりした。この夏の選挙で『失望内閣』に退場を言い渡そうではありませんか」と訴えた。

喫茶店に散弾銃飾る「捕まったら懲役」と自慢(読売新聞)
<新刊>『今日から始める思考のダイエット』=佐野研二郎著(毎日新聞)
金沢の山中遺体、20〜30歳代の女性(読売新聞)
拉致解決へ「重要な時期」=知事の会に中井担当相(時事通信)
新型インフル総括で初会合=対策検証、人選に注文も−厚労省(時事通信)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。