So-net無料ブログ作成
検索選択

<硫化水素自殺>中3男子 「いじめから友救えず」と遺書 川崎(毎日新聞)

 川崎市教委は9日、同市麻生区に住む市立中学3年の男子生徒(14)が、7日に自宅で心肺停止状態で見つかり、死亡したと発表した。神奈川県警麻生署は残された遺書などから、いじめられた友人を助けられないことを苦に硫化水素を使って自殺したとみている。

 同署によると、7日午後4時50分ごろ、生徒が自宅トイレであおむけに倒れているのを帰宅した母親(44)が見つけ119番した。約1時間後、搬送先の病院で薬物中毒による死亡が確認された。

 トイレには硫化水素を発生させたとみられる薬剤などの空容器とバケツがあった。

 トイレにあったA4判の遺書には、いじめを受けたという友人の名前があり「救えなかった」と悩んだ様子のほか「ごめんなさい」「14年間生きて楽しかった」などと書かれていたという。【川端智子】

【関連ニュース
自殺:「いじめられた友を救えず」と中3男子 川崎市で
硫化水素自殺:中3男子、遺書に「いじめから友救えず」−−川崎
子どもたちの伝言:うずしおの地から/107 いじめ対策 /四国
京都のいじめ転校訴訟:元同級生のいじめ認定 55万円支払い命令−−地裁 /京都
県いじめ防止推進大会:傍観者を仲裁者に 鳴門教育大の阪根准教授が講演 /岡山

「タクる」と無賃乗車繰り返す 「スリル感がたまらない」少年ら逮捕 警視庁(産経新聞)
介護型療養病床、方針通り廃止へ=期限は延長が有力―長妻厚労相(時事通信)
八街強殺放火で男起訴、15歳長女を家裁送致(読売新聞)
信金2職員が1億3千万円着服…不明金も2億円(読売新聞)
帆の展開、すべて成功=宇宙ヨット「イカロス」(時事通信)

歩道橋事故 元明石署幹部らの実刑確定へ 最高裁上告棄却 (産経新聞)

 兵庫県明石市の歩道橋で平成13年、花火大会の見物客が転倒して11人が死亡するなどした事故で、業務上過失致死傷罪に問われた元県警明石署地域官、金沢常夫(60)と元警備会社支社長、新田敬一郎(68)両被告の上告審で、最高裁第1小法廷(横田尤孝裁判長)は、両被告側の上告を棄却する決定をした。ともに禁固2年6月の実刑とした1、2審判決が確定する。決定は5月31日付。

 同小法廷は「雑踏事故の発生を容易に予想でき、未然に防ぐべき業務上の注意義務があった」と指摘。「事故はないと軽信し、注意義務を怠って措置を講じずに放置したことで、事故を発生させて多数の死傷者を出しており、業務上過失致死傷罪が成立する」との判断を示した。

 事故をめぐっては、神戸地検が不起訴としていた同署の元副署長(63)について、遺族の審査申し立てを受けた神戸検察審査会が起訴議決し、今年4月、同罪で全国で初めて強制起訴された。

【関連記事】
地検が指定弁護士の意見書依頼の費用認めず 明石歩道橋事故
明石歩道橋事故 元副署長に公判前整理手続き適用
強制起訴、有罪立証へ 明石歩道橋事故“急造検察官”困難な道
明石歩道橋事故 妻の墓前に報告「必ず結果出る」
明石歩道橋事故 元副署長を全国初の強制起訴
「はやぶさ」帰還へ

高選択的DPP−4阻害薬ネシーナの安全性に期待(医療介護CBニュース)
自民党 「消費税10%」 参院選マニフェストに明記(毎日新聞)
家畜伝染病予防費は「改善」=農水・財務両省が仕分け(時事通信)
口蹄疫問題 ブレ続けた「政治指導」にため息(産経新聞)
鳩山首相、引退へ 「次期衆院選に出馬せず」(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。